2014年05月14日

『 ヴィヨンの妻 』(3)作:太宰治


本日は、『ドラマチック・リーディングの扉』へ
お越し頂きありがとうございます。
この作品は、4部に分けて配信いたします。


― ヴィヨンの妻 ―(3)


作:太宰治  朗読:北村 青子 18分05秒



― 冒頭文 ―

とにかく、しかし、そんな大笑いをして、すまされる事件ではございませんでしたので、私も考え、その夜お二人に向って、それでは私が何とかしてこの後始末をする事に致しますから、警察沙汰にするのは、もう一日お待ちになって下さいまし、明日そちらさまへ、私のほうからお伺い致します、と申し上げまして、その中野のお店の場所をくわしく聞き、無理にお二人にご承諾をねがいまして、その夜はそのままでひとまず引きとっていただき、それから、寒い六畳間のまんなかに、ひとり坐って物案じいたしましたが、べつだん何のいい工夫も思い浮びませんでしたので、立って羽織を脱いで、坊やの寝ている蒲団にもぐり、坊やの頭を撫でながら、いつまでも、いつまで経っても、夜が明けなければいい、と思いました。

『 ヴィヨンの妻 』作:太宰治

〈注釈〉・フランソワ・ヴィヨン
15世紀のフランスの詩人。
中世随一の詩人として高く評価されている。
パリ大学で文学博士号も得たが放蕩のかぎりを尽くし、とうとう殺人、窃盗を犯してパリを逃げ出しフランス中を放浪した。

太宰治画像:ウィキメディア・コモンズより
BGM:フリー音楽素材 Senses Circuitより
   :ニコニコ・コモンズ素材ライブラリーより
   :音人On-Jinより





ドラリー扉マスコット  
今日も、ドラリー扉に来てくれてありがとう★    



    

    

posted by 北村青子 at 23:50| Comment(0) | 朗読作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

『ヴィヨンの妻』の朗読録音を終えて


朗読録音作品を作り上げる段階で、

『 ヴィヨンの妻 』という小説を読み込んでゆくうちに、ふと思ったのだけれども、この程度の奇行をやらかす人は( 作中の詩人大谷のこと )、僕のまわりにはけっこう存在するわけで、お前がそうだと言われるような気もしてくるし、もう亡くなったが、うちの親父は酒癖が悪く、詩人大谷よりもっとたいへんだった。酔っ払った親父を何度も投げ飛ばしたし、縄で縛り上げたこともあった。おふくろは、ビール瓶や皿で親父の脳天を殴り、血まみれにしたこともある。ヤクザやチンピラとケンカをして、ボコボコにされて肋骨を折られて帰宅なんてのも何度かあった。ブタ箱に入れられた親父をおふくろが警察に引き取りに行ったこともあったと思う。ちなみに、その親父は物理学者。だから、いつの頃か僕は、大学教授とは、社会でまともに普通に生きられない人が、運よく大学という檻の中に入れられているんだ、と感じるようになった(笑)。僕に太宰ほどの文才があったら、親父の奇行を小説に描きまくりたい。詩人大谷さんの奇行なんて可愛いもんだと。まあ、そんな故人の悪口はさておき、北村青子も感じてるようなのだけども、朗読録音作品を作っていると、おそらく、小説を黙読しただけでは、( 頭の悪い僕らだから )発見できえないだろうと思われるような新たな作品の輪郭や構造が、小説の中から、現前にポロポロと表出してくるんです。当たり前のことなんだけど、ふたりで声をそろえて、「 だから名作がぁ、名作なんだよねぇ 」って、わけのわからん共感をしている、今日この頃なのです。


『ヴィヨンの妻』後半 3部、4部 只今編集中!

5月中旬 ニューリリース予定!


(北村青子の付き人兼、録音係より) 🎧



                                      
ドラリー扉マスコット  
今日も、ドラリー扉に来てくれてありがとう★    



― 追記 ―

小説の中に、「酒毒」という言葉が出てくる。
この言葉をかりれば、僕も、僕の弟も、
親父の酒毒におかされた子供だとも言える。
そう考えると必然的に、僕らバカ兄弟たる所以の素性も(精神形成も)、納得できる気がするのである。

立川談志 家元曰く
「酒が人間をダメにするんじゃない。人間はもともとダメだということを教えてくれるものだ。」


posted by 北村青子 at 22:20| Comment(0) | 付き人兼、録音係兼 、AD のぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

『 ヴィヨンの妻 』(2)作:太宰治


本日は、『ドラマチック・リーディングの扉』へ
お越し頂きありがとうございます。
この作品は、4部に分けて配信いたします。


― ヴィヨンの妻 ―(2)


作:太宰治  朗読:北村 青子 17分47秒



― 冒頭文 ―

それから十日ほど経って、こんどは大谷さんがひとりで裏口からまいりまして、いきなり百円紙幣を一枚出して、いやその頃はまだ百円と言えば大金でした、いまの二、三千円にも、それ以上にも当る大金でした、それを無理矢理、私の手に握らせて、たのむ、と言って、気弱そうに笑うのです。もう既に、だいぶ召上っている様子でしたが、とにかく、奥さんもご存じでしょう、あんな酒の強いひとはありません。酔ったのかと思うと、急にまじめな、ちゃんと筋のとおった話をするし、いくら飲んでも、足もとがふらつくなんて事は、ついぞ一度も私どもに見せた事は無いのですからね。

『 ヴィヨンの妻 』作:太宰治


太宰治画像:ウィキメディア・コモンズより
BGM:フリー音楽素材 Senses Circuitより
   :ニコニコ・コモンズ素材ライブラリーより
   :音人On-Jinより





ドラリー扉マスコット  
今日も、ドラリー扉に来てくれてありがとう★    




    

    

posted by 北村青子 at 05:46| Comment(0) | 朗読作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする