十文字セツ子シリーズ第四弾!
2/1より予約受付開始


※緊急事態宣言延長のため、 3/18(木)19:30 と 3/19(金)19:30のみ 中止いたします。

大入り御礼
無事終了いたしました。
ご来場いただいた皆様
誠にありがとうございました。


十文字セツ子オンステージ2021春中止.jpg



2014年02月24日

『 よだかの星 』 作:宮沢賢治


本日は、『ドラマチック・リーディングの扉』へお越し頂きありがとうございます。ひと月に1、2作品のペースで朗読作品をアップする予定です。皆様どうぞよろしくお願いいたします。


― よだかの星 ―


作:宮沢 賢治  朗読:北村 青子 22分41秒


― 冒頭文 ―

よだかは、実にみにくい鳥です。顔は、ところどころ、味噌をつけたようにまだらで、くちばしは、ひらたくて、耳までさけています。足は、まるでよぼよぼで、一間とも歩けません。ほかの鳥は、もう、よだかの顔を見ただけでも、いやになってしまうという工合でした。

Miyazawa_Kenji -yodakanohoshi.jpg

宮沢賢治画像:ウィキメディア・コモンズより
BGM:フリー音楽素材 Senses Circuitより



●●●● Coffee Break ●●●●

哀しげで、神秘的な よだかの声ですね。



宮澤賢治はなぜ浄土真宗から
法華経信仰へ改宗したのか その1〜その9




ドラリー扉マスコット  
今日も、ドラリー扉に来てくれてありがとう★



    

   



posted by 北村青子 at 18:00| Comment(0) | 朗読作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。