十文字セツ子シリーズ第四弾!
2/1より予約受付開始


※緊急事態宣言延長のため、 3/18(木)19:30 と 3/19(金)19:30のみ 中止いたします。

大入り御礼
無事終了いたしました。
ご来場いただいた皆様
誠にありがとうございました。


十文字セツ子オンステージ2021春中止.jpg



2014年06月21日

『 ヴィヨンの妻 』(4)作:太宰治


本日は、『ドラマチック・リーディングの扉』へ
お越し頂きありがとうございます。
この作品は、4部に分けて配信いたします。


― ヴィヨンの妻 ―(4)


作:太宰治  朗読:北村 青子 18分40秒


― 冒頭文 ―

ほんの三十分、いいえ、もっと早いくらい、おや、と思ったくらいに早く、ご亭主がひとりで帰って来まして、私の傍に寄り、「奥さん、ありがとうございました。お金はかえして戴きました」「そう。よかったわね。全部?」ご亭主は、へんな笑い方をして、「ええ、きのうの、あの分ぶんだけはね」「これまでのが全部で、いくらなの? ざっと、まあ、大負けに負けて」「二万円」「それだけでいいの?」「大負けに負けました」「おかえし致します。おじさん、あすから私を、ここで働かせてくれない? ね、そうして! 働いて返すわ」「へえ? 奥さん、とんだ、おかるだね」私たちは、声を合せて笑いました。

『 ヴィヨンの妻 』作:太宰治

〈注釈〉・エピキュリアン
快楽主義者、享楽主義者。

太宰治画像:ウィキメディア・コモンズより
BGM:フリー音楽素材 Senses Circuitより
   :ニコニコ・コモンズ素材ライブラリーより
   :音人On-Jinより





ドラリー扉マスコット  
今日も、ドラリー扉に来てくれてありがとう★    


    

    



posted by 北村青子 at 04:08| Comment(0) | 朗読作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。